漂着した新羅人を新羅使に付けて還す 703年(H0703a)

703年6月25日(大宝3年5月3日)、流れ来りし新羅の人、福護らに付(さづ)けて本の郷(くに)へ還す。

というのが続日本紀の記述。漂着した新羅人については、この記述のみである。福護というのは、持統太上天皇崩御に際して弔問に駆けつけた新羅の使者である。

参考文献

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)