渤海使02 739年(H0739a)

天平11年5月(739/6月)、遣唐使10(H0733a)平郡広成と出帆。渤海船は1隻が波にのまれて転覆し、大使・胥要徳(しょようとく)ら40人が死亡した。広成らは残りの衆を率いて出羽に到着した。

天平11年7月13日(739/08/25)、渤海使の副使・雲麾(うんき)将軍の己珍蒙らが出羽に来朝した。

天平11年10月27日(739/12/06)、遣唐使10(H0733a)の判官・平群広成と渤海からの使節たちが入京した。

天平11年11月3日(739/12/11)、平郡広成(遣唐使10、H0733a)が朝廷を拝した。

天平11年12月10日(740/01/17)、渤海使の己珍蒙らが朝廷を拝し、その王の手紙と国の産物を献上した。

天平11年12月21日(740/01/28)、平郡広成(遣唐使10、H0733a)、外従五位下→正五位上に昇進

天平12年1月1日(740/02/02)、渤海使02、天皇に朝賀。
天平12年1月7日(740/02/08)、勃海郡の副使・雲麾(うんき)将軍の己珍蒙らに、地位に応じて位を授け、続いて朝堂で宴を賜った。渤海郡王に美濃特産の絁(あしぎぬ)30疋・絹30疋・絹糸50絇(く)・調(みつき)として貢上された真綿300屯を賜った。その他の人々にも地位に応じて賜った。
天平12年1月17日(740/02/18)、天皇は大極殿にの南門に出御して大射を観られた。五位以下の者が射終わった後、渤海使02の己珍蒙らにも射させられた。
天平12年1月29日(740/03/01)、天皇は使いを出されて、客館で渤海の大使・忠武将軍の胥要徳に従二位を、首領で無為の己閼棄蒙(こおきもう)に従五位下を追贈し(渡日の途中で死没したため)、調布を125端と庸布60端を祭祀料として与えた。
天平12年1月30日(740/03/02)、天皇は中宮の閤門(こうもん、一番内側の門)に出御し、己珍蒙らが渤海の音楽を演奏した。それぞれの地位に応じて絹布と真綿を賜った。

天平12年2月2日(740/03/08)、渤海使02、本国に帰る。

天平12年4月20日(740/05/24)、遣渤海使02らが天皇に出発の拝礼をした

天平12(740)年5月頃、遣渤海使02大伴犬養(おおとものいぬかい)とともに渤海に向けて出発。[3]

天平12年10月5日(740/10/29)、遣渤海使2、帰国

天平勝宝5年1月28日(753/03/11)、平郡広成没[2]

参考文献

  1. 宇治谷孟,1992. 続日本紀(上)全現代語訳. 講談社学術文庫.
  2. 宇治谷孟,1992. 続日本紀(中)全現代語訳. 講談社.
  3. 大林太良編, 1995. 日本の古代3 海をこえての交流. 中央公論社.

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)