役小角、伊豆に流される 699年(O0699a)

699(文武3)年、役小角(えんのおづぬ、=役行者)、伊豆に流される。損城山に住む小角は,鬼神を使役して水をくませ,薪を集めさせるなどし,その命令に従わなければ呪術によって縛るという神通力の持主として知られていたが,弟子の韓国連広足 (からくにのむらじひろたり)が師の能力をねたみ,小角が妖術を使って世人を惑わしていると朝廷に讒訴 (ざんそ) したために,流罪が行われたという。

参考文献

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)